読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国土第一警備保障 内 オフィス-極-

国土第一警備保障 内 【撮影・デザイン・編集】を製作している部署です。

ジオコレ情景『昭和の街並』その8

2月に入り、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私は常にストーブ前で暖くして寝てます。

オフィス-極-社長の『しお』です。

f:id:warning351:20170202205855j:plain

今日は木造機関庫を設置、大型蒸気機関車2台を楽々格納🚂とそこに繋がる線路を街並と山の間に都市改革します。増築増築!

f:id:warning351:20170202210016j:plainf:id:warning351:20170202210107j:plain

f:id:warning351:20170202210152j:plain

↑こんな感じで設置したいと思います。ゴー

f:id:warning351:20170202210320j:plain

場所が決まったところで、『バラスト』を敷きつめた風にする為、紙粘土を線路回りに🛤ペタペタ

f:id:warning351:20170202210416j:plain

↓こんな感じで敷きつめましたよ。

f:id:warning351:20170202210448j:plain

下地の色をヌリヌリ

f:id:warning351:20170202210546j:plain

踏切を付けて完成。

f:id:warning351:20170202210709j:plain

↓こんな感じに仕上がりました。

f:id:warning351:20170202210846j:plain

バラストって?ここでトリビア

あの石、実はクッションなのだ

線路に強いてある石はバラストという。バラストの役割を知りたいなら、踏切などで線路の様子を観察してみよう。列車が通過するとき、線路がぐっと沈み込むように見えるはずだ。硬そうな鉄のレールが、列車の重みで下にゆがむ。バラストは、その荷重を支える役目をしている。つまり、バラストは線路のクッションになっている。

硬い石がクッションになるとは意外だ。しかし、硬くて丈夫な鉄筋コンクリートだって地震ではたわむ。脆く崩れやすい石もあれば、ダイヤモンドのように硬い石もある。石は素材によって硬度が異なるから、適度な硬さの石を使えば、何tもの荷重に対してクッションとして利用できるというわけだ。石の大きさにも理由がある。大きくスライスした石では荷重が分散しづらくてクッションとして機能しない。大人の握りこぶしくらいの大きさがちょうど良い。石を積み上げて、お互いに複数の点で接しているからこそ、列車の重さを分散してくれるのだ。

また、石を積み上げた構造は水はけを良くする。レールは鉄だから錆びやすいし、木製の枕木は水に長時間浸されると腐りやすい。バラストのおかげで線路は腐食しにくくなっているともいえる。だから、岩石をわざわざ砕いて敷いている。ちなみに石を積む高さにも規定があって、JRの場合は新幹線が30cm、在来線の幹線が25cm、在来線の支線が20cmとなっている。バラストが厚いほど重い列車や速い列車に耐えられる。しかし、バラストを厚くするほど材料や設置時間が増えて費用が増える。だから、重量級の列車が走る幹線は厚め、ローカル線では薄めに敷いてある。もちろん、ローカル線であっても、重量級の貨物列車を運行する路線では厚めに敷いてある。

ふーん!